調剤報酬

【いまさら聞けない】調剤報酬の算定をわかりやすく解説【第1回調剤技術料編】

【いまさら聞けない】調剤報酬の算定をわかりやすく解説【第1回調剤技術料編】

2年に1回おこなわれる調剤報酬改定
改定のたびに新しい算定要件を覚えなければなりません。
まずは調剤報酬の概要を知っておおまかな点数とどうやったら加算が取れるのかを知っておきましょう。

http://kanriyakuzaisi.com/wp-content/uploads/2021/09/1.jpg
悩める薬局長

「薬局長になって社長から「売り上げをあげろ」って言われたけど何をやったらよいかわからないな」

こんな疑問に答えます。

http://kanriyakuzaisi.com/wp-content/uploads/2021/08/kXbArabi-300x300.png
荒川

こんにちはタカヒロです。
調剤薬局で28年目の薬剤師になります。
このサイト薬局長1年目だった時の自分にむけて作りました。
薬局長になった時はわからないことばかりで不安でした。
少しでも新人薬局長のお役に立てれば幸いです。

調剤報酬の基礎知識

調剤報酬の基礎知識

調剤報酬とは保険薬局において薬剤師が調剤をおこなうことに対して支払われる報酬のことです。

  1. 調剤技術料
  2. 薬学管理料
  3. 薬剤料
  4. 特定保健医療材料

の4つからなります。
この記事では調剤技術料の解説をしています。

調剤報酬は1点=10円で計算されます。
公害の処方せんのみ1点=15円(薬剤料以外)で計算されます。

調剤報酬は2年に1度改定され、次回は2022年4月になります。

薬剤師は対物業務から対人業務へシフト

が最近のトレンドです。

2022年、2024年の調剤報酬改定では調剤技術料は下がる傾向に、薬学管理料は上がる傾向になっていくでしょう。

調剤技術料

調剤技術料

調剤基本料

処方せん1枚ごとに全ての患者さんにもらえる調剤報酬です。

  • 調剤基本料1 42点
  • 調剤基本料2 26点
  • 調剤基本料3 イ:21点、ロ16点
  • 特別調剤基本料 9点

の4つに細分化されます。

調剤基本料にプラスで加算できる加算料が2つあります。

・地域支援体制加算 38点
・後発医薬品調剤体制加算
 後発医薬品割合が
 75%以上 15点
 80%以上 22点
 85%以上 28点

MAXで基本料が算定できると

調剤基本料42点+地域支援体制加算38点+後発医薬品調剤体制加算28点=108点(1,080円)

最小の場合は9点(90円)になってしまうので雲泥の差があります。

薬局長になって最初にやることは地域支援加算と後発医薬品調剤体制加算をとれるように勉強・実行することです。

また2022年以降の調剤報酬改定で後発医薬品体制加算は廃止されていくでしょう。

後発医薬品の使用割合が40%未満の薬局は調剤基本料が2点減点

というルールがあります。
今後は減点になる使用割合が50%、60%と上がっていくと予想されます。

調剤料

  • 内服薬調剤料
  • 浸煎薬(しんせんやく)調剤料
  • 湯薬(とうやく)調剤料
  • 内服用滴剤(てきざい)調剤料
  • 頓服薬調剤料
  • 注射薬調剤料
  • 外用薬調剤料(1調剤につき)

があります。

内服薬調剤料(1剤につき)

7日分以下の場合 28点
8日分以上14日分未満の場合 55点
15日分以上21日分未満の場合 64点
22日分以上30日分未満の場合 77点
31日分以上の場合 86点

対物業務がメインだったころは高い点数がついていましたが、「対物業務から対人業務へ」への転換がすすみます。今後は点数が減っていくことが予想されます。

「剤」という考え方について

「1剤につき」という注意書きがあります。
薬の飲みかたを種類ごとに分けて数えたものです。
例えば1枚の処方せんに

RP1 アムロジピン5㎎ 1錠
分1 朝食後  14日分

と書いてあった場合1剤です。

RP1 アムロジピン5㎎ 1錠
分1 朝食後  14日分
RP2 カンデサルタン4㎎ 1錠
分1 夕食後  14日分

この場合は2剤です。

剤の考え方で注意すること!

同じ剤になるパターン

  1. 朝食後と朝食直後
  2. 朝食前と朝食直前

例えば

RP1 スターシス錠30mg 3錠
分3 毎食直前  14日分
RP2 抑肝散 3g
分3 毎食前  14日分

この場合は1剤です。

調剤料は1枚の処方せんで3剤までしか算定できません。

レセプトコンピューターが自動で計算してくれるので調剤料を計算する機会はありませんが、考え方は覚えておきましょう。

浸煎薬調剤料

浸煎薬調剤料(1調剤につき) 190点

浸煎薬とは生薬を薬局で浸煎し、液剤として調剤したものです。
さらに浸薬煎薬に別れます。

浸薬 生薬に熱蒸留水をそそぎ浸煎剤機で一定時間加熱し、冷後布ごしして製した浸剤
煎薬 生薬に蒸留水をそそぎ浸煎剤機で一定時間加熱し、温時布越しして製した浸剤

煎じ薬(せんじぐすり)とも呼ばれています。

湯薬調剤料

湯薬とは2種類以上の生薬を混合調剤し、煎じる量ごとに分包したものです。

湯薬調剤料(1調剤につき)

7日分以下の場合 190点
8日以上28日分以下の場合 7日目以下の部分 190点
8日目以上の部分(1日につき) 10点
29日以上の場合 400点

1回の処方せんにつき3回まで算定可能です(ただし内服薬も含めて3回まで)

漢方薬の刻み調剤をおこなっていない薬局では浸煎薬調剤料と湯薬調剤料を算定する機会はありません。

内服用滴剤調剤料

内服用滴剤調剤料(1調剤につき) 10点

ピコスルファート内用液とチョコラA滴のみこれに該当すると覚えておけば大丈夫です。

ピコスルファート内用液を調剤した量が1本でも10本でも点数は10点しかもらえません。

頓服薬調剤料

頓服薬を調剤した時にとれる加算です。

頓服薬調剤料 21点

何種類処方されても処方せん1枚につき21点を1回のみとれます。

ロキソプロフェンナトリウム60mg  1錠
頓服 痛い時  10回分

この場合は21点

ロキソプロフェンナトリウム60mg  1錠
頓服 痛い時  10回分
アローゼン顆粒 0.5g
頓服 便秘時  10回分

この場合も21点です。

10回分以上の時は、地域によってはレセプトが切られる場合もあるので注意しましょう。

外用薬調剤料

外用薬を調剤した時にとれる加算です。軟膏をMIXした場合には1調剤となってしまうので注意しましょう。

外用薬調剤料(1調剤につき) 10点

内服薬とちがって1種類の薬に対して10点もらえます。

ヒアレイン点眼液 1本
ジクアス点眼液 1本
1日4回 両目に点眼

この場合は20点になります。
処方せん1枚につき3回までとれます。
トローチは外用薬としてカウントされます。

軟膏をミックスした場合は1調剤としてカウントされます。

リンデロンVG軟膏 5g
白色ワセリン 5g
混合 1日2回 足首に塗布

この場合は10点です。

注射薬調剤料

注射薬調剤料 26点

処方せん1枚につき1回のみとれます。何種類注射薬が処方されても26点です。

調剤基本料に対する加算

調剤基本料に対する加算

麻薬・向精神薬・覚せい剤原料・毒薬加算

麻薬などに指定されている薬剤を調剤した場合にとれる加算です。

麻薬・向精神薬・覚せい剤原料・毒薬加算(1調剤につき)

麻薬加算 70点
向精神薬加算 8点
覚せい剤原料加算 8点
毒薬加算 8点

処方せんに麻薬が含まれている場合は1調剤につき70点、それ以外の時は1調剤につき8点を加算します。

一包化加算

錠剤をヒートから取り出して、服用時点ごと(朝食後など)に一袋にまとめたものです。
ワンドーズ、ワンド、一包化などと呼ばれています。
一包化加算がとれるのは

  1. 服用時点の異なる2種類以上の内服用固形剤
  2. 1剤であっても3種類以上の内服用固形剤

を一包化した時です。

42日分以下の場合(投与日数が7またはその端数を増すごとに) 34点
43日分以上の場合(投与日数にかかわらず) 240点

レセコンが自動で算定してくれますので、安心です。

自家製剤加算

自家製剤加算は錠剤を粉砕したり、半部に割ったりした時、また散剤・液剤・軟膏を混ぜた時にとれる加算です。

自家製剤加算(1調剤につき)
イ、内服薬および頓服薬

錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤の内服薬(投与日数が7またはその端数を増すごとに) 20点
錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤の頓服薬 90点
錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤の内服薬(投与日数が7またはその端数を増すごとに) 液剤

ロ、外用薬

錠剤、トロ―チ剤、軟・硬膏剤(こうこうざい)、パップ剤、リニメント剤、坐剤 90点
点眼剤、点鼻・点耳剤、浣腸剤 75点
液剤 45点

予製剤
あらかじめ想定される調剤のために複数回分を製剤し処方せん受付時に当該製剤を投薬するものは所定点数の100分の20に相当する点数を加算する。

予製は所定点数の20%

計量混合調剤加算

2種類以上の医薬品を計量し、かつ混合した時にとれます。
投与量や処方日数に関係なく1調剤行為に対して算定できます。

計量混合調剤加算(1調剤につき)

液剤 35点
散剤または顆粒剤 45点
軟・硬膏剤(こうこうざい) 80点

予製剤
あらかじめ想定される調剤のために複数回分を製剤し処方せん受付時に当該製剤を投薬するものは所定点数の100分の20に相当する点数を加算する。

予製は所定点数の20%

自家製剤加算を算定したした場合は計量混合調剤加算は算定できません。

計量混合調剤加算と自家製剤加算が両方とれる時は、比べて点数の高い方をとりましょう。

嚥下困難者用製剤加算

嚥下困難者用製剤加算は嚥下障害などがあり、そのままの剤形では服用が困難な場合に「医師の了承を得て」錠剤を粉砕したり、カプセルを外すなど剤形を加工して調剤した場合に処方せん受付1回につき1回算定できます。
嚥下困難者用製剤加算(受付1回に付き)

嚥下困難者用製剤加算 80点

嚥下困難者用製剤加算をとるか自家製剤加算をとるかは患者さんが嚥下困難かどうかによって判断します。

嚥下困難者用製剤加算と同時に算定できないもの。

自家製剤加算 1剤として取り扱われる薬剤については一緒にとることができません。
計量混合加算 財形を加工した薬剤を他の薬剤と計量混合した場合は一緒にとることができません。
一包化加算 嚥下困難者用製剤加算と一包化加算は一緒にとることができません。

上記の場合も点数を比べてみて、点数の高い方を算定しましょう。

調剤技術料の時間外・休日・深夜加算(開局時間外)

時間外・休日・深夜加算(開局時外)

開局時間以外の時間帯(夜間や休日、深夜)に調剤した場合にとれる加算です。

時間外加算(標準は「午前8時前」および「午後6時以降」) 調剤基本料・調剤料x100/100
休日加算(日曜日・祝日、1月2.3日、12月29.30.31日は休日扱い) 調剤基本料・調剤料x140/100
深夜加算(標準は午後10時~午前6時) 調剤基本料・調剤料x200/100

開局時間外に調剤した場合には調剤基本料・調剤料にプラスして加算の点数を算定出来ます。
調剤基本料・調剤料に含まれるのは

  • 調剤基本料
  • 地域支援体制加算
  • 後発医薬品調剤体制加算
  • 調剤料
  • 無菌製剤処理加算
  • 在宅患者調剤加算

開局時間外の休日加算を算定する場合は、薬剤師会などから休日当番で頼まれて薬局を開けている旨の証明書が必要になります。この証明書がない場合は休日加算(開局時間内)を算定することになりますので注意しましょう。

調剤料の夜間・休日等加算(開局時間内)

開局時間内で午後7時(土曜日は午後1時)から午前8時までの間と休日加算の対象となる休日のうち開局時間内の時間内で調剤した場合にとることができます。

調剤料の夜間・休日等加算(開局時間内)

調剤料の夜間・休日等加算 午後7時(土曜日は午後1時)から午前8時までの間で休日加算の対象となる日で開局時間内 40点

1,午後7時(土曜日は午後1時)から午前8時までの間
2,休日加算の対象となる休日
で開局時間内に調剤を行った場合に処方せん受付1回に付き調剤料に40点加算する。

薬剤師会などからの休日当番の証明書がない場合は日曜・祝日に薬局を開けて調剤してもプラスで40点しか加算できません。
例えば診療所などが「明日の日曜日に診療するから薬局も開けてくれない?」などとお願いされた場合は夜間・休日加算(開局時間内)の40点しか加算できません。

在宅患者調剤加算

直近1年間の在宅患者訪問薬剤管理指導料(在宅患者オンライン服薬指導料を除く)、居宅療養管理指導費、介護予防居宅療養管理指導費の算定回数が合算して計10回以上などの施設基準を満たした場合算定できる。

在宅患者調剤加算

在宅患者調剤加算(処方せん受付1回に付き) 15点

うちの会社の店舗薬局でもありましたが、在宅を始めてすぐにとれないため居宅療養管理指導が10回に達した月に申請するのを忘れていてしばらく算定できていなかった・・・ということもありましたので皆さんは注意して下さい。

無菌製剤処理処理加算(注射薬)

施設基準を満たした薬局で、2つ以上の注射薬を無菌的に混合して(麻薬の場合は希釈含)中心静脈栄養法用輸液、抗悪性腫瘍剤、麻薬を製剤した場合に1日分製剤するごとに算定できます。

無菌製剤処理加算(1日分につき)
6歳以上

中心静脈栄養法用輸液 69点
抗悪性腫瘍剤 79点
麻薬 69点

6歳未満の乳幼児

中心静脈栄養法用輸液 137点
抗悪性腫瘍剤 147点
麻薬 137点

無菌製剤処理加算の施設基準

・2名以上の保険薬剤師がいること(うち1名以上が常勤であること)。
・無菌製剤処理を行うための無菌室、クリーンベンチ又は安全キャビネットなどを備えていること。

無菌調剤室は共同利用することも可です。

調剤報酬の算定まとめ

調剤報酬の算定まとめ
薬局長になったら

  1. 調剤報酬を理解する
  2. 自分の薬局で算定もれがないかチェックする
  3. 取れていない加算があるかチェックする
  4. 自分の薬局で加算をとるにはどうすればよいか考える
  5. 加算を取るために行動する

以上を繰り返して考えて、実行することが重要です。

毎日の業務に忙殺されてしまいますが、最初は1日のうちに10分だけでも時間を確保して下さい。

おすすめの時間帯は業務が始まる前、昼休み中です。

業務終了後は疲れていて、良い案も浮かばないし、やる気も出ないのでおすすめできません。
あとは自宅に帰ってお風呂にはいってから寝る前の間はリラックスできるので良い時間になります。

http://kanriyakuzaisi.com/wp-content/uploads/2021/08/kXbArabi-300x300.png
荒川

薬局長になったからといって張り切り過ぎると、すぐに燃え尽きてしまうので少しづつ自分の薬局を良くしていきましょう!

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP